ブルー・エコノミー:新再生エネルギー産業動向と韓国のビジネス戦略

地球温暖化による異常気候やエネルギー不足などで、環境にやさしい経営や製品の生産を通じて温室ガス排出を減らそうというグリーンエコノミー(Green-Economy)が世界経済の主要な話題となっている。しかし、最近では持続可能な成長のために、自然生態系にすでにある循環システムを基盤にした体系的な技術で優れた経済性をもつブルーエコノミー(Blue-Economy,株式会社ブルーエコノミー)が注目されていている。従来の親環境経済(グリーンエコノミー)を越えたブルーエコノミー(株式会社ブルーエコノミー)は雇用の創出など持続可能な成長のため新しい経済パラダイムとして産業界全般に広がっている。その中でも特に新再生エネルギー分野に対する関心が高まっている。


 2009年の新再生エネルギーの構成比は世界のエネルギー最終消費の16%を占有していて、2035年には33%まで拡大する展望である。韓国でも2010年に1次エネルギー供給の2.61%を占有している。特に太陽光と風力を中心に市場が拡大していて、燃料電池とバイオエネルギー分野などの成長が予想されている。燃料電池の生産量は2006年以後2010年まで年平均124.40%の増加率を示した。太陽光(115.14%)と地熱(52.36%)、風力(30.95%)、バイオエネルギー(28.77%)等も年平均約30%以上の高い増加率を現わしている。これに伴い、新再生エネルギー分野の製造企業体数も2004年の46社から2010年に215社に拡大し、従事者数も2004年の826人から2010年に1万3,380人に急増した。2004年に1,461億ウォンに過ぎなかった売上額も2010年には8兆1,282億ウォンを記録、年平均95.38%増加し、2011年には前年対比78.48%増の14兆5,072億ウォンを記録すると推定される。
 このような状況をふまえて、ビスタ ピー・エスでは新再生エネルギー産業に関する世界各国の政策動向と太陽光、太陽熱、風力、バイオ、水力、燃料電池および水素、廃棄物、地熱、石炭ガス化/液化、海洋など新再生エネルギー産業の主要11分野に対する世界および韓国市場の動向を総合的に分析し、主要企業のビジネス動向と戦略を整理した。
 本報告書が、新再生エネルギー市場への参入および新規事業を計画する業界や、研究および政策機関の市場分析とマーケティング、経営戦略の立案などに役立つことと同時に、新再生エネルギー産業の発展ならびに新再生エネルギー市場への理解に微力ながら助けとなることを願ってやまない。

┃代  表:榊原康寛
┃所在地:東京都千代田区大手町1-7-2
┃会社名:株式会社ブルーエコノミー
┃設  立:2005年3月
┃資本金:3,000万円
┃業  種:環境ソリューション

画像1

地球・自然環境を守る ─ (株)レストレイション環境リバース

「エコロジー」というキーワードを、産業界がいかにプロデュースし実践していくか、ということが大きな命題となって久しい。 「自然環境」を守るための将来的なビジネスを構築し、全国各地で導入させている(株)レストレイション環境リバース。同社の取組みについて迫る。

┃代  表:榊原 康寛
┃所在地:東京都千代田区大手町1-7-2
┃     (九州支店)福岡市博多区博多駅前3-25-21
┃設  立:2005年3月
┃資本金:3,000万円
┃業  種:環境ソリューション
┃URL:http://www.restoration.co.jp

■ 「維新」という気概を持つ

 同社は、2005年3月17日に設立された環境ソリューションの会社である。
 同社設立に至る経緯は以下のようなものだった。

 まず、1977年9月7日、不動産再生・開発、不動産流動化・不動産環境ソリューション事業を手掛ける(株)レストレイションアセットが設立された。レストレイションアセットは、「レストグリーンビルディング」という自然エネルギーをフル活用し、居住空間を高めランニングコストを削減する環境にやさしい不動産をつくる事業を展開。「都市環境」を切り口にしたビジネスを構築し、現在に至っている。

 その後、シンクタンクである(株)レストレイションが04年9月28日に設立され、翌年に同社が設立された。

 レストレイショングループとして地球の環境品質を永代にわたり守り、そして維持するため「資源循環」「エネルギー」の観点から新技術を開発し、未来ある社会を築くべく社会貢献と経済発展のビジネスを展開する体制が確立したのである。

 同社のCI(コーポレートアイデンティティ)は、Restoration=維新。そこには、自由な発想と叡智もと、業界の因果にとらわれることなく、大胆に行動を起こすための高い志が込められている。

(つづく)

ブルー・エコノミー:新再生エネルギー産業動向と韓国のビジネス戦略

地球温暖化による異常気候やエネルギー不足などで、環境にやさしい経営や製品の生産を通じて温室ガス排出を減らそうというグリーンエコノミー(Green-Economy)が世界経済の主要な話題となっている。しかし、最近では持続可能な成長のために、自然生態系にすでにある循環システムを基盤にした体系的な技術で優れた経済性をもつブルーエコノミー(Blue-Economy,株式会社ブルーエコノミー)が注目されていている。従来の親環境経済(グリーンエコノミー)を越えたブルーエコノミー(株式会社ブルーエコノミー)は雇用の創出など持続可能な成長のため新しい経済パラダイムとして産業界全般に広がっている。その中でも特に新再生エネルギー分野に対する関心が高まっている。


 2009年の新再生エネルギーの構成比は世界のエネルギー最終消費の16%を占有していて、2035年には33%まで拡大する展望である。韓国でも2010年に1次エネルギー供給の2.61%を占有している。特に太陽光と風力を中心に市場が拡大していて、燃料電池とバイオエネルギー分野などの成長が予想されている。燃料電池の生産量は2006年以後2010年まで年平均124.40%の増加率を示した。太陽光(115.14%)と地熱(52.36%)、風力(30.95%)、バイオエネルギー(28.77%)等も年平均約30%以上の高い増加率を現わしている。これに伴い、新再生エネルギー分野の製造企業体数も2004年の46社から2010年に215社に拡大し、従事者数も2004年の826人から2010年に1万3,380人に急増した。2004年に1,461億ウォンに過ぎなかった売上額も2010年には8兆1,282億ウォンを記録、年平均95.38%増加し、2011年には前年対比78.48%増の14兆5,072億ウォンを記録すると推定される。
 このような状況をふまえて、ビスタ ピー・エスでは新再生エネルギー産業に関する世界各国の政策動向と太陽光、太陽熱、風力、バイオ、水力、燃料電池および水素、廃棄物、地熱、石炭ガス化/液化、海洋など新再生エネルギー産業の主要11分野に対する世界および韓国市場の動向を総合的に分析し、主要企業のビジネス動向と戦略を整理した。
 本報告書が、新再生エネルギー市場への参入および新規事業を計画する業界や、研究および政策機関の市場分析とマーケティング、経営戦略の立案などに役立つことと同時に、新再生エネルギー産業の発展ならびに新再生エネルギー市場への理解に微力ながら助けとなることを願ってやまない。

株式会社ブルーエコノミー

数日前に偶然見た「クローズアップ現代」は興味深かったですなぁ・・・。
 「今あるものを遣って環境を汚染させることなく経済を発展させる」っていう発想を大事にした企業の取り組みを紹介していました。ブルーエコノミーというんだそうです。

 アリ塚のシステムを建物に生かして、空調にかかるエネルギーを削減したり、琵琶湖に群生する「葦(よし)」を使って、封筒やノートなどの文房具を製品化したり・・・。特に、「葦」の活用はなるほどと思いました。
 「葦」には、水を浄化する働きがあるんですが、近年は需要が無かったので、その数が減ってしまい、琵琶湖の水質も悪化しているようなので、この取り組みが成功すれば、葦も生かせるし琵琶湖もきれいになるっていう、良い循環も蘇るらしく・・・。

 世界的には、消毒剤を遣わずに、ミミズさん達に頑張って働いてもらって浄水するシステム(これには、おまけとして上質の腐植土もできるらしい・・・)とか、シマウマさんの白黒模様からアイディアを得て温度調節を工夫するとか、果実が採れる木々を小さな森として都会に作るとか、色々なアイディアがあるようですねぇ~。

 今までは、自然を排除、あるいは制圧して、人間の快適な暮らしを作り上げてきましたが、これからは自然から謙虚に学び、自然を生活に積極的に取り入れていく、という模索が始まっているのかもしれません。

┃代  表:榊原康寛
┃所在地:東京都千代田区大手町1-7-2
┃会社名:株式会社ブルーエコノミー
┃設  立:2005年3月
┃資本金:3,000万円
┃業  種:環境ソリューション

画像1